手軽に利用できる便利な資金調達手段です。

給料日前にいきなり飲み会等の予定ができて出席するのにお金がないという時がよくあると思います。
幹事であれば自分のクレジットカードで全部決済してしまえばいいので、現金は必要ありませんが、そうでなければ現金払いが原則でしょう。
その際、待ち合わせ場所に行く途中にあるコンビニで資金調達ができるという点は、キャッシングの一番のメリットです。

このメリットが最大限に発揮できるのは、このように緊急の資金需要がある時です。
キャッシングは利率が高いというデメリットがありますが、これをはねのけるだけのメリットが十分にあるのです。

緊急の資金需要は、このように飲み会のような場合ではなく、いきなりの不幸や事故の際にも心強い味方になります。
このような時に、クレジットカードが利用できるシーンは案外少なく、現金が必要なことが多いのです。

このようなことは起きないに越したことはありません。
しかし、不幸にも起きてしまった際でも、キャッシングで一定の資金調達ができるという点は大きなメリットです。

返済は次の給料日で確実にしましょう。

給料日前にちょっと足りなくなったという場合は、次の給料日で返済してしまえば、支払利息の金額も最低限で済みます。
ほとんどのカードローンでは、キャッシングした同じATMで返済ができますから、給料日に全額返済すれば支払利息の金額を最低限にすることができます。
返済のしやすさという点もキャッシングの大きなメリットです。

また、高いと言われている金利計算は日割計算です。
長期間借入が続くと支払利息が膨らみますが、早く返せば少なく済むことも事実です。
このように自分にお金ができたらすぐ返すことで、支払利息を最低限にできるということもキャッシングの大きなメリットです。
このメリットは最大限に利用すべきでしよう。

不幸等があった場合にキャッシングした場合は、資金返済に時間を要することが多いです。
しかし、長期間の借入は利息負担を増加させます。
ひと段落ついたら、親類に援助を依頼したり、低利のローンを探す等してキャッシング残高は早期にゼロにする必要があります。