キャッシングの申込み時の注意点

キャッシングの申込みが簡単になったと感じます。
大学の頃に初めてキャッシングを利用しましたが、その時も思った以上に簡単に借りられたことに驚きましたが、それでも時間は今よりもかかりました。
何と言っても携帯から申込みができる点が一番進歩したと思います。

学生当時携帯はありましたが、まだまだ使い勝手が悪くてサイトも見にくくて審査なんてとてもできる状態ではありませんでした。
一応携帯からも申込みは出来たみたいですが、使い勝手から私は利用しませんでした。

今の時代、スマフォは主流です。
サイトの見やすさは昔と比べものがありませんから審査申込み画面も簡略化されて迷いようがないほどシンプルになっています。
入力項目も少なく、仮審査を受けるのも数秒で完了しますから、自分が融資対象なのかどうかも5分以内に分かります。

この仮審査はあくまで仮審査ですからこれが通ればお金が借りられるわけではありませんので勘違いしないでください。

キャッシング申込み時の注意点

今の時代審査を受ける時に注意しておくべきことを挙げます。
時代は進歩しても申込みのし方ひとつで時間短縮は出来ます。

キャッシング会社が謳っている「最短30分審査」というのは誇張ではありません。
実際にキャッシングを利用してみると分かりますがポイントを押さえれば申込みから融資決定までの時間は1時間未満でした。

ポイントは「虚偽記入をしない」ことです。
当たり前ですが、虚偽記入は問答無用で審査打ち切りになります。
それどころか信用情報として他社に伝わる可能性もあります。
キャッシング歴など審査に不利になりそうなことを隠したい気持ちは分かりますが、信用情報としてすでに伝わっていますから隠すことなく、正直に答えてください。

後は収入記入も重要です。
収入証明の提出を求められることもありますから「少ないから審査に通らないかも」などと余計なこと考えずに正直さが重要です。

たったこれだけですが、審査時に電話を受けますが聞かれる内容は申込み内容の確認ですから嘘は時間が長引くだけの無駄なことです。