審査における総量規制についてまとめます。

カードローンやキャッシングの審査を受ける前に、確認したいことがあります。
そのうちのひとつが、総量規制の問題です。
総量規制というのは何かというと、年収の3分の1以上のお金を貸金業者から借りることは出来ない、そんな法律のことです。
かつて、多重債務が社会問題化したことがあり、それが理由で法制化されました。
カードローンやキャッシングの審査の際には、いくらお金を借りるかというのを審査されるわけですが、総量規制で関係をしてくるのは、実際にいくら借りているかということではなく、いくらまで借りられるかということ。
この「いくらまで借りれられるか」という金額のことを、限度額や極度額といったりします。
総量規制ででてくる制限というのは、この限度額を基準にしております。
ですので、限度額が100万円で実際に借りている金額が200000円の場合、年収が300万円であれば、もし実際に借りている金額からするとあと800000円は余裕がありますが、実際にはもう新規に借りることはできません。

総量規制の対象か、対象外か

キャッシングやカードローンの審査の中にも、総量規制に関係ないカードローンやキャッシングの審査というのもあります。
それは、銀行のローン全般です。
銀行はそもそも、貸金業者ではありませんので、銀行のローンは全て総量規制の対象外となっております。
消費者金融のキャッシングやカードローンであっても、いわゆるおまとめローンというのは対象外となります。
おまとめローンというのは、利用者が一方的に有利になるローンのことであり、これを規制する理由はないというのが、対象外の理由です。
最近では、銀行でもカードローンを運営していることがあります。
これに関しては、詳しく見てみないと分かりません。
銀行本体が運営しているものでありましたら、それは総量規制の対象外となります。
しかし、グループ会社や提携関係にある消費者金融などが行っている場合もあり、そういった場合には総量規制の対象となります。
分からない場合には、貸金業番号というのがありますので、それを確認しましょう。