キャッシングの返済方法を比較しました

大きな借金を抱えてしまい、生活費を工面するために銀行のカードローンでキャッシングを利用しました。銀行でのキャッシングには様々なメリットがあると思います。その一つは返済方法がとても簡単で便利だという点です。銀行口座にお金を入れておけば、自動的にお金を引き落としてくれる返済方法なので、自分で返済の手続きをする必要がありません。またお金に余裕がある時には、銀行の機械から多めに入金するという返済方法もあります。

返済の際に通常の銀行の機会で操作ができるので、消費者金融と比べると周りの目を気にする必要がなくとても助かります。お金がなくて返済できていない時でも、給与などのお金が口座に入金されると、自動的に一定の金額を返済額として引き落としてくれます。また自動的に融資して公共料金や光熱費を支払ってくれるので、料金滞納を避けることができて本当に便利です。銀行のキャッシングは消費者金融に比べて金利も安いので、安心感もあります。

消費者金融のキャッシングの返済方法

消費者金融のキャッシングを利用した時の返済方法は、毎月返済日までに店舗まで行き、機械を操作して返済したり融資を受けたりしていました。毎月のように返済に行かなければならないのは面倒でしたし、店舗を出入りする時に周囲の目が気になることもありました。お金に余裕がある時に多めにお金を入金するという返済方法をとっている人もいましたし、銀行口座を使ってネット上で操作する返済方法を利用している人もいました。

消費者金融におけるキャッシングは金利が高く、返済には苦労しました。金利を払うのがやっとで、元金がなかなか減らないこともよくありました。私の場合は約三年をかけて全額を完済することができましたが、お金の収支をきちんと計算して、返済方法の計画をしっかりと立てておくことの大切さを教訓として学ぶことができました。消費者金融をずっとキャッシングを利用していると経済的・社会的な信用を失い、新たな審査が通らなくなったり、クレジットカードの発行ができなくなったりすることがありますから、十分に気をつけたいと思います。